紅茶の種類から効果・効能・ブランド・入れ方・楽しみ方・選び方など あなたにおすすめの紅茶がわかる情報サイト。 おいしい紅茶とスイーツを楽しむも良し。贈り物、ギフトでも良しの紅茶でおしゃれな毎日を!

  1. 紅茶の種類
  2. 68 view

フルーツともよく合う?ダージリンの魅力

紅茶の種類は色々ですが、有名な紅茶というとやはりいくつかに絞り込まれて来ます。

特に有名な紅茶では、ダージリンがその筆頭に挙げられます。
このダージリンは紅茶のシャンパンともいわれていて、
繊細でフルーティな香りが特徴となっています。

インドの北東部、ダージリン地方で栽培されるため、
その産地の名前が紅茶の名前となっていて、世界三大紅茶の一つに数えられています。

ダージリンの楽しみ方

ダージリンの飲み方は、人によって様々です。
ミルクを入れる人もいますが、私自身はダージリンそのものの味を楽しみたいので、
ストレートティーとして飲んでいます。

私がミルクを入れて飲みたいのは、もう少し濃くて強い紅茶のため、
ダージリンのような紅茶には基本的に何も入れません。

カップも浅めのティーカップにして、色の美しさも同時に楽しむようにしています。

相性のいいお菓子としては、フルーツケーキやレーズンを使ったクッキーなどがあります。
ダージリンの持つフルーティな味覚と、
フルーツケーキやクッキーのドライフルーツがよくマッチするので、
フルーツを使った焼き菓子が好きな人には、特にお勧めの紅茶です。

これらのお菓子、そしてダージリンと共に過ごす時間は、本当に豊かな気持ちになれるものです。

トワイニングのティーバッグを愛用しています

ところで紅茶はブランドも様々です。
普通にスーパーマーケットで売っているものもあれば、
百貨店に行かないと置いていないというものもあります。

私は紅茶はトワイニングがメインです。
これですと色々な所で取り扱いがあり、しかも結構様々な紅茶を取り揃えているからです。

本当はリーフで淹れたいのですが、普段はもっぱらティーバッグを使っています。
朝食時など時間があまりない時は、ティーバッグをそのままカップに入れますが、
多少のんびりできる時には、ポットにティーバッグを入れるようにしています。

いずれの場合も熱湯を注ぎ、
一旦沈んでから浮かび上がったところでティーバッグを引き上げます。
あまり長い時間入れておくと、美味しさが半減してしまいます。

もちろんポットやカップは事前にお湯を入れ、温めておくようにします。
かつて冷たいままのカップに入れてお湯を注いだところ、
いくら沸騰したてのお湯であっても、色も香りもあまり出なかったことがあったからです。

ただしなみなみとお湯を注ぐ必要はありません、
カップの3分の2くらいまで注げば十分です。

またポットを使う場合は、必ずティーコージーをかぶせています。
これがあるとないとでは、やはり美味しさが違ってくるからです。

紅茶の種類の最近記事

  1. 疲労回復のためにレモン系の茶葉、ネトルティーを

  2. 毎日飲んでも全然飽きない紅茶のご紹介

  3. 美味しいアイスティーを淹れるコツをアドバイスしました。

  4. 初心者でも簡単、日東紅茶の水出しアイスティー

  5. 甘く爽やかなリプトンのピーチティーミックスの魅力

関連記事

おすすめ特集記事

  1. 紅茶のブランド

    知って得する、マリアージュフレールが人気な理由
  2. 紅茶で料理

    飲むだけではもったいない!紅茶のムース
  3. 紅茶のブランド

    紅茶好きがおすすめしたいYogitea(ヨギティー)の紅茶と…
  4. 紅茶の効能

    美味しさに潜む副作用? 紅茶2大成分の意外なヒミツ。
  5. 紅茶の種類

    初心者でも簡単に楽しめるハーブティーとは?
  6. 紅茶の種類

    ハーブティー初心者にもおすすめ!さっぱりミントティーの魅力
  7. 紅茶のブランド

    エリザベス女王御用達、ヒギンスのアフタヌーンティー
  8. 紅茶で料理

    簡単おいしい、豆乳アールグレイのシェイクとは?
PAGE TOP