紅茶の種類から効果・効能・ブランド・入れ方・楽しみ方・選び方など あなたにおすすめの紅茶がわかる情報サイト。 おいしい紅茶とスイーツを楽しむも良し。贈り物、ギフトでも良しの紅茶でおしゃれな毎日を!

  1. 紅茶の豆知識
  2. 258 view

紅茶のさまざまな楽しみ方ーミルクティーの美味しい淹れ方とは?ー

紅茶の飲み方は人により様々です。

ストレートティーで飲むのが好きな人もいますし、ミルクティーでなければ落ち着かないという人もいます。またレモンを入れて、その爽やかな風味を楽しみたいという人も中にはいるでしょう。

世界各国、紅茶の様々な楽しみ方

実際紅茶には様々な飲み方があり、それが紅茶を飲むうえでの魅力の一つとなっています。

ごく一般的な飲み方としては、ストレートやミルクティー以外に、ミルクで煮出すロイヤルミルクティー、さらに暑い季節には欠かせないアイスティーなどがあります。その他にもロシアンティー、あるいはチャイとして飲む方法もありますこれらはいずれも、特定の地域で発達した飲み方で、ロシアンティーはジャムを入れるのが特徴です。

しかしこれには諸説があり、ジャムを入れるのはむしろウクライナやポーランドの飲み方で、ロシアではジャムを舐めながら紅茶を頂くのが普通ともいわれています。またウォッカを入れる方法もあります。

チャイはインドの飲み方で、紅茶を煮出したところへミルクを入れ、蒸らした後茶こしを使ってカップに注ぎ、シナモンやカルダモンなどのスパイスを入れます。エキゾチックな雰囲気が魅力です。

また蜂蜜を紅茶に入れる飲み方もあり、こちらは柔らかな雰囲気で、しかも喉にいいというメリットがあります。

ミルクティーの美味しい淹れ方とは

私が好きなのは、やはりミルクを入れて飲む方法です。いわゆる緑茶はやはりそのまま飲む方がおいしいのですが、紅茶の場合、特にビスケットや焼き菓子と一緒に飲む場合は、やはりミルクを入れた方が、バターを使ったお菓子とはなじみがいいと思うからです。

ふつうはリーフなりティーバッグなりで紅茶を淹れ、濃いめに出した後にミルクを入れる飲み方を楽しんでいます。しかし場合によっては、ミルクを先にカップに入れ、そのうえから紅茶を注ぐこともあります。ミルクを先に入れることで、紅茶とよく混ざり合い、ロイヤルミルクティーのような味わいが楽しめます。もちろんロイヤルミルクティーも好きな飲み方です。

まず鍋にミルクと水を半々に入れ、沸騰寸前になってリーフ、またはティーバッグを入れたポットに注いで蒸らします。

簡単に楽しみたい場合は、温めたカップにティーバックを入れ、その上から注ぐこともあります。冬の寒い日などは、体を芯から温めてくれます。またミルクティー以外に、ストレートティーで飲むこともあります。特にダージリンは、やはりストレートで飲んで、独特の香りと味を楽しみたいものです。

ダージリンのみならず、普段はミルクを入れて楽しんでいる紅茶をストレートで飲むのも、また雰囲気が変わっていいものです。

紅茶の豆知識の最近記事

  1. 紅茶のさまざまな楽しみ方ーミルクティーの美味しい淹れ方とは?ー

  2. 北欧ARABIAのカップ&ソーサー

  3. イギリスのスーパーに売っている紅茶が、美味しすぎる話

  4. 知っておくと紅茶をより楽しめる雑学

  5. レモンティーにまつわる雑学

関連記事

PAGE TOP